京都御所の西側、蛤御門の向かいに鎮座する護王神社のホームページです。

夏越大祓・茅の輪くぐりのご案内

来る6月30日(木)午後3時より、恒例の夏越大祓の神事を執り行います。

大祓は、日頃無意識のうちに身についた罪や穢れを祓い清めて、心身共に清々しくする大変意義深い神事で、特に夏越大祓は疫病の災いから免れるよう祈りを込めて茅の輪をくぐる習しがあります。大祓式の後、茅の輪くぐりの神事を執り行いますのでぜひご参列下さい。

※本年は新型コロナウイルス感染拡大防止のため参列者数を200名に制限し、通常より一部行事を変更して斎行いたします。
※午後2時より社務所にて受付いたします。先着200名様に神事に使用する切麻(きりぬさ)の包みをお渡しします。受付をされていない方は神事にご参加頂けませんのでご了承下さい。
※神事斎行の間は表門および喜多門を閉門いたします。(途中入場はできません)
※ご参列の際は必ずマスクをご着用下さい。(行政機関の指針により、ワクチン接種を終えた方もマスクをご着用いただきます。)
※37.5℃以上の熱のある方、ご体調の優れない方はご参列いただけません。

 

尚、境内の茅の輪は6月18日(土)より7月3日(日)までご自由におくぐりいただけます。
※6月23日と29日は茅の輪の掛け替えを行いますので一時的におくぐりいただけない場合があります。

授与所前に人形(ひとがた)を設置しておりますので、大祓式に人形のお祓いをご希望の方は6月30日(木)午後2時までに社頭でお申し込み下さい。

また、茅の輪くぐり期間中、花工房様のご協力により花手水「いのちの和」を開催いたします。境内2カ所の手水鉢を、美しいアジサイの花が彩ります。

感染症予防対策を充分にお取りいただき、ぜひご参拝下さい。