茅の輪(ちのわ)くぐりのご案内

6月30日の夏越の大祓を控え、境内に茅の輪を設置しました。

茅の輪くぐりの由来は、スサノオの神の神話に、旅先で身分を隠して宿を求められたスサノオ神に、蘇民将来(そみんしょうらい)という人が貧しい暮らしでありながら大変厚くおもてなしした事へのお礼として、茅で作った輪を身に付ければ悪い疫病から免れる事ができるとお教えになり、蘇民将来の一族が疫病にかかることはなかったといい、今日ではこの神話に因み、大きな茅の輪を設けてこれをくぐる習わしとなっています。

境内の茅の輪は、ご自由におくぐりいただけます。また茅の輪のくぐり方を説明した看板も設置していますので、どうぞご家族でご参拝いただき、無病息災をご祈願下さい。

カテゴリー: 社務所からのお知らせ, 行事   パーマリンク

コメントは受け付けていません。