京都御所の西側、蛤御門の向かいに鎮座する護王神社のホームページです。

お知らせ

「奉納亥年絵馬展」作品募集のお知らせ

平成31年、亥年の縁年を迎えるにあたり、中学生以上の方による

亥年絵馬の奉納を募集しています。

御奉納いただきました作品は、元日から6日(日)まで境内の参集殿

(護王会館)に展示させていただきます。

参加費は無料ですので、奮ってご応募下さい。

詳しくは社務所までお問い合わせ下さい。

11月1日 平安朝古儀・亥子祭のご案内

11月1日(木)午後5時より、亥子祭(いのこさい)を斎行します。

亥子祭は、平安時代の宮中で行われていた年中行事「御玄猪」を

再現した大変優雅なお祭りです。

ぜひお誘い合わせの上ご参拝下さい。

 

平安朝古儀 亥子祭(いのこさい)

11月1日(木)午後5時より

本殿ノ儀

御舂ノ儀(午後5時30分頃)

禁裏御玄猪調貢ノ儀(午後6時30分頃)

引き続き 直会式・亥の子餅囃搗き

(午後8時30分頃終了予定)

※雨天の場合、禁裏御玄猪調貢ノ儀は中止になることがあります。

 

※亥子祭当日のご注意事項

・参列席について

参列席のお申し込みは午後4時より社頭で受付いたします。

(ご予約は承っておりません。)

禁裏御玄猪調貢ノ儀(提灯行列)および直会式にご参加の場合は別途

お申し込みが必要です。当日受付。おみやげ付・有料(ご志納)

・駐車場について

当日は正午より境内のすべての参拝者用駐車場が駐車禁止となります。

お車でお越しの方は近隣の有料駐車場をご利用ください。

・「亥の子餅」の限定販売について

亥子祭当日限定で鶴屋吉信謹製の「亥の子餅」を社頭で販売いたします。

3個入り 1,000円(税込) ※本年より3個入りのみの販売となります。

ご予約・発送は承れませんのでご了承下さい。

 

「子ども いのしし絵馬コンクール」作品募集のお知らせ

平成31年亥年のお正月を迎えるにあたり、たくさんのお子様たちに思い思いの

いのししの絵馬を描いていただき、幸多き新年を祈願していただくべく、小学生

以下のお子様を対象とした「子どもいのしし絵馬コンクール」を開催いたします。

 

締切は11月30日(金)。参加費は無料です。

詳しくはご案内チラシをご覧下さい。

チラシのダウンロードはこちら(pdfファイル)

http://www.gooujinja.or.jp/idoshi/inosisiemacon.pdf

 

 

「七五三まいり」ご予約受付中です。

護王神社は、子どもの守り神さまと仰がれる和気広虫姫命をお祀りし、

お子様の健康と成長をお守りされます。

七五三まいりのご祈祷は随時受け付けておりますので、ぜひご参拝ください。

また、ご祈祷に晴れ着と記念写真がセットになったパックプランもご用意して

おりますので、お気軽にお問い合わせ下さい。

 

 

七五三まいりについてはこちらもご覧下さい。

 

境内復旧のお知らせ

台風21号の影響による境内復旧作業のため、ご参拝の皆様にはご不便をお掛けしておりましたが、境内はほぼ復旧し通常どおりご参拝いただけるようになりました。

境内復旧作業による参拝者用駐車場ご利用中止のお知らせ(復旧完了)

本日は昨日の台風21号の影響により境内に木の枝などが散乱しております。ご参拝の際は十分お気をつけ下さい。

また復旧作業のため、午前中は全ての参拝者用駐車場がご利用いただけません。午後も復旧次第開放となりますので、何卒ご理解ご協力をお願い申し上げます。‬

台風21号接近につき安全のためのお願い

台風21号接近により、京都市内も風が強くなってまいりました。

神社の境内は樹木が多く、強風によって折れた枝が落下する危険がありますので、本日の御参拝は極力ご遠慮くださいますようお願い申し上げます。

平成30年 平安朝古儀「亥子祭」 奉仕女房募集のお知らせ(終了しました)

11月1日(木)午後5時より斎行する「亥子祭」に、

奉仕女房(宮中の女官役)としてご参加いただける方を募集しています。

「亥子祭」は平安時代の宮中の年中行事であった「御玄猪」の儀式を

再現した神事で、神職と5人の女房が亥子餅つきの儀式を奉仕する、

京都の秋の夕べを彩る大変優雅な神事です。

あなたも王朝絵巻の世界を体験してみませんか?

 

【募集人員】

定員/5名
(定員以上の応募があった場合は選考または抽選となります。)

 

【応募要件】

・高校生以上満30歳迄の未婚の女性
(但し18歳未満の方は保護者の承諾が必要です。)

・正座などの作法に必要な姿勢および動作が可能な方

・祭典当日(11月1日・木)の13:00から21:00までの全日程に参加可能な方

・事前の作法練習に全日程参加可能な方

 

練習日(10月)

6日(土)10:00~16:00

13日(土)10:00~16:00

28日(日)10:00~17:00 習礼(リハーサル)含む

 

【応募方法】

・申込期限 第一次締切 9月15日(土)

・申込方法 まずは担当者までご連絡下さい。所定の申込用紙に顔写真を貼付してご提出いただきます。

※申込用紙は社務所にございます。

 

【その他】

参加費無料。奉仕者には記念写真・DVD・亥子餅を進呈いたします。

 

※本募集はアルバイト募集ではありませんのでご注意下さい。

 

その他詳しくは神社までお問い合わせ下さい。

電話 075(441)5458 担当 本郷

 

6月30日(土)夏越大祓神事のご案内

6月30日(土)、災厄を祓い無病息災を祈念する夏越大祓の神事を執り行います。

 

午後3時より「百度祓」、続いて「大祓式」を行い、その後祭員および参列者全員で境内の大茅の輪をくぐる「茅の輪くぐり神事」を執り行います。

・百度祓(ひゃくどはらえ)

太鼓を打ち鳴らしながら、参列者全員でお祓いの祝詞「大祓詞」(おおはらえことば)を5回唱和します。大祓詞は当日ご参列の皆様にお配りします。

・大祓式(おおはらえしき)

神職がお祓いの神事を執り行います。参列者の皆様には古式に則り「人形」(ひとがた)に自身の罪や穢れを移してお祓いをお受けいただきます。

・茅の輪くぐり神事

神職および参列者全員で和歌「みなづきの なごしのはらえするひとは ちとせのいのち のぶというなり」を唱和し、茅の輪を3回くぐります。

 

大祓の神事は、私達が日頃無意識のうちに身に付けた罪や穢れを祓い、心身を清める神事です。
特に夏越の大祓は、夏の暑さに耐えて疫病や災厄から免れるよう祈りを込めて茅の輪をくぐる習わしがあります。

夏越大祓の神事には、どなたでもご参列いただけます。

神事にご参列の皆様には「茅の輪御守り」を授与いたしますので、ぜひ皆様お誘い合わせの上ご参拝下さい。

 

※ご参列の方は、午後3時までにご参着の上、受付で祓いの具をお受け取り下さい。

※時節柄、各々暑さ対策を心がけて下さい。

※当日は境内駐車場には駐車することができませんのでご注意下さい。

 

平成30年度 弘文院セミナーのご案内

本年も8月と3月を除く全10回開催の月例講演会「弘文院セミナー」を開催いたします。

第1回は4月28日(土)14:00より、社寺建造物保存技術協会副会長の澤野道玄先生による、『言葉の文化財 ひふみよいむなや・・・』です。講演90分、質疑応答も含め16:00終了予定です。

申込不要ですので、お時間までに神社境内の護王会館までお越し下さい。

 

弘文院セミナーの年間予定がきまりました。こちらをご覧下さい。

平成30年度 弘文院セミナー年間予定 → 弘文院セミナーのページ